本文へスキップ

注文住宅とは

注文住宅とは

注文住宅とは

ご案内 注文住宅とは何か?

注文住宅とは

注文住宅とは日本の新築住宅の85%が注文住宅と言われています。注文住宅とは、オーダーメイド住宅のことです。

つまり、注文住宅は、自分の意見を取り入れて造る住宅です。楽しみはありますが、その分価格は高くなるのが一般的です。洋服でもお店で売っているのを買うより、オーダーメイドで作るほうが高くなるのと同じです。

あなたは、注文住宅にするのか、建売住宅にするのか、迷いませんか?

普通は、家は一生に一度の買い物ということもあり、注文住宅にするか建売住宅にするか、少しは迷うものです。

注文住宅には注文住宅の良さが、建売住宅には建売住宅の良さがあるので知っておくとよいとおもいます。

注文住宅のデメリットは何か?

注文住宅のデメリット注文住宅は、自分の住みたい希望通りの家に住むことができます。自分の趣味の家も実現できます。

ただ、自分の好きな家に住めるのはいいのですが、注文住宅は建売住宅に比べてお金がかかるというデメリットがあります。当然ですよね。注文住宅ですから世界に1つだけしかない住宅になるわけです。規制住宅とくらべて手間暇がかかるためコストが高くなるのです。

それから、注文住宅は、完成したモデルハウスを見ることができません。完成した物件を見ている建売住宅と違って不安もあります。

デザイン料もかなりかかります。その他にも、その住宅ならではのデメリットも必ずあるはずです。

しかし多くのハウスメーカーのセールスはデメリットに関して口にしません。メリットだけを前面に押し出して強調します。そのため、自分でデメリットをできる限り想像する力が必要です。

デメリットをあらかじめ予想をしておくことで後悔も少なくてすみます。
家を建てても、必ず後悔はついてくるものです。良かれと思って凝りすぎるとかえって使いにくいものになってしまいます。

素人なのですから無理もありません。自分の希望を主張すると共に、プロの意見にはしっかり耳を傾けるようにしてください。

そこへ行くと建売住宅はプロの設計士の手によるものですから、個性はありませんがオールマイティの良さがあります。そのため、住宅展示場を積極的に覗いて勉強するのもお勧めです。
建売住宅

工務店の多くは展示会やモデルハウスがありませんが、全国の工務店が開催する見学会もあるそうですから、できるだけ色々見ておくと参考になります。

あと一つ気を付けたいのは、建ててから直さなければならないところも出てきます。そんなとき、予算目一杯使った家を建ててしまうと予算がなくて直すに直せず我慢しなければなりません。それもちょっと嫌ですよね。

注文住宅は、余裕をもった資金計画で建てることが必要です。