本文へスキップ

注文住宅 失敗

注文住宅の失敗

注文住宅の失敗

ご案内 なぜ注文住宅は失敗するのか?

注文住宅の失敗は、コミュニケーション不足

コミュニケーションをとる多くの人にとって家は一生に一度のお買い物。

注文住宅に限らず、建売住宅を建てる時も色々不安はあります。

なんといっても家はやりなおしがききません。不安は多かれ少なかれ付きまとうものです。

注文住宅は、最初は図面しかありませんから立体をイメージしにくいという傾向があります。想像していたのと違って「こんなはずではなかった」というのも注文住宅の方が多いです。

思い込みをできるだけ避けるようにしたいのは注文住宅です。たとえば、床下収納とお願いしてあったのに、縁の下が丸見えでがっかりしていた奥さんがいました。

がっかりしたというより「なぜお願いしたとおりにやってくれないの!」と、怒りに似た気持ちにもなるものです。そんなことで・・・と思われるかもしれませんが、大金をかけてあるのですから無理もありません。

しかし、これは施工主と依頼された側のイメージの違いがそうさせたのです。

依頼する方は建売住宅にあるような周りがしっかり囲んである「収納ボックス」をイメージしていても受ける側は「床下収納」と言われれば収納ボックスを納めない「床下丸見えの収スペース」を想像しても、これもまた無理のない話です。

写真を見せてイメージを伝えること

画像を見てもらう床下収納に限らず、インテリア他「こういうものを」と依頼するときは、写真などを見せると受ける側もイメージしやすく、お互いの受け取りの差が少なくなるのでお勧めです。

また、注文住宅には依頼主のたくさんの思い込みがあります。仕様書にエアコンの配管口、テレビアンテナ、カーテンレールなどが書いてなければやってくれません。「やってくれなかった・・・」とならないようによく確認しておくことが必要です。


注文住宅で失敗しないために必要なこと

注文住宅とは、建設主がデザインや間取りや材質などを決めて、それを建設会社に注文して作ってもらう住宅のことです。

そのため、建売と違って注文住宅は、建設主の好みやライフスタイルに合った住宅にすることができるため、非常に人気が高いです。

たとえば和風にしたり洋風にしたり、外壁や内装を好きな色にしたりと、自由に設定できます。

また二世帯や三世帯で暮らせるような作りにしたり、平屋にしたりエレベーターをつけたりと、暮らしやすくするための様々な工夫をこらすことができます。

さらには、こだわりたい部分には特にお金をかけてこだわり、そうでもない部分は必要最低限の設備にしておくなど、コストの調節を自在におこなうことができます。

このようなメリットがあるため、マイホームは注文住宅にしたいと希望する人が多くいます。
しかし

実は注文住宅にはデメリットもあります。

そこに十分注意しておかなければ失敗したり後悔したりすることもあるのです。

注文住宅のデメリットは、まずはデザインや間取りによっては既製品ではなく特注のものを使わなければならないので、そのぶんコストがかかってしまうということです。

建売住宅でしたら、扉や窓などは大量生産されたものが使われていますが、注文住宅の場合は一から作らなければならない場合が多いです。その結果予算オーバーとなってしまったり、デザインや間取りを最初から考え直したりする必要が出てきます。

するとそれらの調整のために打ち合わせが長引き、施工に遅れが生じます。

新居が完成しないのでいつまでも転居できず、そのぶん現在の住まいの家賃を長く支払うことになったりと、無駄な時間やお金を使ってしまうことになるのです。

また、間取りを一から考えるには、それなりの専門知識が必要になります。

たとえば家事動線の知識です。台所と洗濯機と風呂場との距離が長いと、家事の際に家の中を動き回らなければならなくなります。

しかしそれぞれが比較的近くにあると、短距離の移動ですむので家事をスムーズにおこなうことができます。

また、部屋と部屋の間を廊下ではなく壁一枚にすると、廊下に面積を奪われないぶん部屋を広々とした大きさにすることができ、収納スペースもたっぷりととることができます。

逆に廊下を多くすると、そのぶん部屋は狭くり、収納スペースも少なくなって暮らしづらくなってしまうのです。

このように、失敗なく暮らしやすい注文住宅にするには、それなりの知識が必要なのです。

注文住宅を作る際には、建築や住宅に関する知識を学び、かかるコストや時間のことを十分に考慮しましょう。

そうすれば失敗を防ぐことができ、快適に暮らせるマイホームを手に入れることができます。