本文へスキップ

建売住宅の寿命

建売住宅の寿命

建売住宅の寿命

ご案内 建売住宅の寿命は何年?

建売住宅の寿命は30年

建売住宅の寿命日本の建売住宅の平均寿命は、30年〜35年と言われています。

これが本当だとすると、住宅ローンが終わった頃には、建て替えということになります。

あなたの30年後を想像してみましょう。今の年齢にもよりますが、30年後には定年を迎えているという人もおられるはず。

それを考えれば、建てるときは少々高くてもしっかりした家で建てた方が安心といえます。

日本の新築住宅の85%が注文住宅と言われています。

この数字が示しているように、注文住宅にはそれだけの良さがあり、注文住宅が価格が高くても建てる人が多いのは、それなりの理由があるわけです。

しかし、建売住宅にも建売住宅の良さがあります。建売住宅も完成時はとても綺麗で魅力的。耐久性を無視すれば、安い割には綺麗というメリットも捨てがたいかもしれませんね。


手抜き工事はが多いのは建売住宅

手抜き工事注文建築だからといって絶対に大丈夫とは言いきれませんが、後で問題が出てくる手抜き工事は建売住宅に多いです。

注文住宅なら建築中に手抜きがないか頻繁にチェックすることも可能です。

私の友人も注文住宅を建てたのですが、毎日仕事から帰ってくると新築途中の家に行って掃除をしていました。

大工さんもおがくずを掃除はしてくれますが、はっきり言ってざっと掃除をするだけです。家が出来上がってから、残されたおがくずからダニやゴキブリが発生しやすいので、友人のご主人はせっせとおがくずを掃除しに行っていたのです。

もちろん点検の意味もあります。そんな風に掃除をしていたら、大工さんたちも綺麗に掃除をしてくれるようになったとか。
日本の風土には木の家がぴったりですし、安心して長く住める家と言ったら断然注文住宅ということになります。


後悔しない家づくりのコツ!



後悔しない家にするためには何が重要でしょうか。

そう、情報です。

知っているか、知らないか。
この違いで後悔する家か大満足する家になるかが決まります。

あとで「それ知らなかった」と気がついても遅い。
後で知っても遅い、ということが世の中は多いものです。

後悔しないために活用したいのが、専門家の意見です。
様々なところから情報は集める方が良いです。

以下のような無料サービスはぜひとも利用したいものです。










家の寿命が来たらどうするか?

住宅の寿命がきたらどうするかというのは、人により判断が違うと思います。

たとえば、どのような判断があるのかというと、建て替える、買い換える、リフォームする、リノベーションするなどがあります。

この中でおすすめなのがリノベーション。

新築を購入しなくても、本当にまるで新築のようになります。

65uのマンションなどであれば500万円ほど出すと、設備から何からなにまで新築同様になってしまいますので、注文住宅のような戸建て住宅でも新築よりははるかに安くり、絶対におすすめです。

そんなにもお金をかけられないと言う人は、リフォームが良いです。リフォームするだけでも全然違います。

ただ、リノベーションやリフォームは、どこに依頼するかにより出来映えや費用が全然違います。リフォームは相場がわかりにくいため、数十万円なんて普通に差が出てしまうのです。

そこで、安心してリフォームしたい人におすすめなのが、リフォームの一括見積もりサービス。

ここなら、相見積もりになるため、業者も他社に負けないように安い価格を出してきます。なので、一括見積もりサービスを使うだけでリフォーム代が安くなる、というわけなのです。