本文へスキップ

注文住宅イメージ

注文住宅イメージ

注文住宅イメージ

ご案内 注文住宅のイメージ

高級住宅街に建売住宅はほとんど見られません。ほとんどが注文住宅です。注文住宅のイメージ

注文住宅の方がどうしてもお金がかかりますから、極端に言えば注文住宅=お金持ち的なイメージを持ってしまいます。

建売住宅の場合は、どうしても安い建築資材になってしまいがちです。また、建売の場合、似たような住宅が多いため、注文住宅か建売住宅かは、見ただけで雰囲気的にわかってしまいます。

住宅注文住宅のイメージは、家を『造る』方向け、そして『納得』して造る家という感じです。それに対して建売住宅のイメージは、家を『買う』方向け、そして『妥協』して買う家、という感じになります。

そして、建売住宅のイメージを壊しているのがたまにニュースになる建売住宅の欠陥住宅です。

そして、建物自体もですが、本来なら家を建てるのには相応しくない土地に大急ぎで造成した土地に建てたというケースも多く、そんなことも建売住宅のイメージを悪くしています。決して建売住宅が悪いというわけではないのですが、そうとられがちなのが建売住宅です。

しかし、家にそれほどこだわらない人なら、建売住宅の方がイメージを描きやすく、ある程度ならプランを変更できるというメリットもありますから、一概に建売住宅が悪いというわけではありません。

それになんといっても注文住宅より安いですから、資金的に無理しないで建てたい人にはお勧めです。

ただ、余裕があれば誰だって自分の好きな間取り、自分の好きなインテリア、思いっきり好きな建築資材、素敵な趣味の部屋、な〜んていう家を建てたいと思いますよね。

注文住宅は自分で自由にプランニングできます。基礎工事からじっくり見届けられるのも良いところです。